みのハイクの何でも写真館です  
 暑い夏の日、阿木川沢登り 
猛暑の7月に入り、今年も隣の「炎の町」多治見市では、早々に38°を超える日本一を競っている。そんな折に耳よりなニュースが舞い込んだ、阿木川沢登りの参加者募集が始まると云う。
早速CLに相談してみると、今回の沢登りは暑い時期に初心者から経験者も共に 涼しさ求めて、夏の一日を楽しめるような沢登り定番コースの調査を目的にしたもので精鋭ぞろいと分かり、来年夏まで「初めての沢登り体験」をお預かりします。深山の渓流は、淵の蒼と、樹林の深緑と、空間の冷気と、それぞれに透明感があり手つかずの大自然が迎えてくれる、⇒ 楽しみに待とう。

       2019-7-28(日) 阿木川沢登りgo

 地図読とロープワーク研修会 
2月17日 武儀権現山~御殿山公開自主山行
当日は労山救助隊冬季訓練(伊吹山)を行っていましたが、訓練の難易度は中級者以上になりますので、一歩手前の基礎的な訓練を兼ねて、会推薦の山「武儀権現山~御殿山」にて開催されました。
訓練は コンパスを使用した地図読みと、簡易ハーネス装着、
               ロープ結び、ブルージック練習
参加者は予想を上回り、総員27名の実践を通して学ぶ野外学校になりました。
ロープ結びの様子をビデオで紹介します。  

2019-04-28(日)   釈迦ヶ岳山頂にて
鈴鹿山系、釈迦ヶ岳山頂の景観は伊勢湾を望む広々とした寛容さを見せる一方で、その足下は切り立った懸崖の上にあり、緊張をほぐさせない威厳さを兼ね備えた山でした。
満30年間続いた平成元号も三日後には令和元号に変わります。
山行を謳歌した平成時代の別れにと、須田さんの提案でハートマークの記念写真を残しました。

                 写真:「さらば平成元号」

2019-02-24(日)   千石城山の山頂にて
立山連峰、剣岳の雪景色を背景に「至福享受」の瞬時を切取りました。例年より雪は少ないと云うが流石に雪国ですね。
・登りのワカン・下りのアイゼンをしっかりと体験できて、珍しい山鳥の姿を雪中に見て尾羽の美しさに感動するなどと、付録付きの山行になりました。
                 写真 :「至福享受の瞬時」



2018-10-21(日)2018年度「労山山祭りin各務原アルプス」を顧みて                   
労山親睦登山、県労山、大垣労山、岐阜ケルン山岳会、多治見労山を加えて70名、6グループ編成の登山及び各務原自然遺産の森(園内)、広大な自然キャンパスを巧く利用した大規模行事の成功事例になりました。
2018年度 労山山祭りin各務原アルブス」を顧みて 」  


2018-10-14 クラブ山行 「赤兎山_大長山」 
AB班 赤兎山         27人  
C班  大長山、赤兎山    15人
         

2018-05-06 クラブ山行「霧訪山」の映写記録です。

登山道を四十名八班編成を組むと、山道をうねりくねる長蛇の列は、まさに龍の昇天態で、その写真の龍は"タツノオトシゴ"みたいになりましたネ。 ビデオは山頂に到着する映像に
BGM・会の歌・を使ってみました。          
  
        


2018-04-08 クラブ山行 「松鞍山、平成山、高曝山」 2017年度初回のクラブ山行は美濃地域の山でした。
松鞍山は美濃市、平成山(へなりやま)と、高曝山(たか じゃれやま)は関市です。
平成年号は2019/4月で終わり、5月からの年号は令和に決定。   



会員の投稿写真掲載欄です。
枚数によってブック形式またはスライドショーにします。


会員の投稿写真掲載欄です。
枚数によってブック形式またはスライドショーにします。